診察・治療の流れ

治療の流れ

3つの治療内容

下肢静脈瘤は、進行の具合によって3つの治療法に分かれます。

硬化療法(注射のみ・保険診療)
硬化療法(注射のみ・保険診療)
細い針の注射だけで終了し、歩いて帰宅できる
静脈に硬化剤を注射する治療です。血液が流れないようにして、静脈瘤を治療します。適応:軽度静脈瘤(クモの巣状、網目状)
レーザー治療(保険診療)
レーザー治療(保険診療)
治療後、歩いて帰宅できる日帰り手術
手術の傷がほとんど残りません。
弾性ストッキング
弾性ストッキング
はいただけで、症状の軽減を目的としたストッキング
日常生活に支障なく、手軽な症状軽減を目的とした医療用ストッキングを処方します。
最も大事なことは、あなたの足に合ったストッキングを着用することです。

ページの先頭へ